<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Web Comic第22回!!
f0098542_10381777.jpg


リブレ出版さんの雑誌『クロフネZERO』Webにて
Web Comic 第22回が本日掲載されます。
今回のキーワードは…またまた「引っ越し」!?
果たしてチームTはこんな片田舎までやってくるのか!?

ともあれ、詳しい顛末は以下のリンクからどうぞ…!

リブレ出版『クロフネZERO』Webこちらをどうぞ。
f0098542_2127490.gif


あと、skinのデザインを少しいじってみました。
最近のcss知識なんてないからひと苦労…すっかりおっさんです。
何か表示がおかしいところがあれば、こっそり教えてください。

写真は港町のとある家族。
行儀が良いのか悪いのか、
なにやらの人間くささが愛らしいです。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-10-30 10:41 | お知らせ
やっぱりか
f0098542_1157423.jpg


晴れた日は、積んである資料を持ち出して
なるべく空の下で勉強しています。
先日はそんな外出中にアクシデント。
家の鍵をどこかに落として無くしてしまいました。

通ったルートを下を見ながら戻ったり、
見つからないので不動産屋へ駆け込んだり。
夜になっても青い顔でバタバタ走り回ります。
しかし、真っ暗な中では見つかるはずもありません。
翌早朝、明るくなってから再び探しに出て、
ようやく無事に、灯台の袂で見つけられました。

このときの安堵と、「やっぱりか」という
トホホな気持ちがないまぜになったビミョーな感情は、
できればあまり経験したくないものですね。
オチに使うにも、どうにもアホすぎるわけです。

写真はそのときの安堵を込めて撮った一枚。
朝日が丘を越えて差してきたところ。
後ろに豆粒のカモメたち。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-10-29 12:16 | 日々の泡
今はもうない風景
f0098542_19243296.jpg


この写真にあった桟橋の小屋が大波にさらわれて、
自然の力を思い知るこの頃…。
あっけらかんとした、暗さのないお気に入りの廃屋でした。
後ろに分厚い防波堤があったのに、それも引っこ抜かれてました。
すごいなあ。すごいなあ…。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-10-23 19:30 | 日々の泡
嬉しい重み!!
f0098542_20311821.jpg


探していた本を横須賀で入手。
この二冊、内容が結構かぶっている…。
…けど気にしない!!

外国のハードカバー写真集って、
鈍器になるくらいがっちり丈夫。
重く固く作ってありますよね。
正直、帰路は腕がちぎれそうだったけど
嬉しい重みなので根性で持ち帰ってきました。
本棚に入るサイズかどうかなんて
関係ないのことですよ!

…これから入れてみます…。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-10-19 20:38 | 日々の泡
いたずら風味
f0098542_2214063.jpg


諸磯埼灯台の写真を加工して、ちょっといたずらしてみました。
敬愛する画家、野又穫氏のエッセンスを入れてみたのですが、
ちゃんと絵画的に見えますか?

それにしても素敵な造形の灯台です。
あー、また会いにいきたくなってきた…!
[PR]
by ushio_mizta | 2009-10-12 22:17 | 日々の泡
雨もり、かぜで揺れる家
f0098542_11495870.jpg


嵐、ですね。

いまは、倉庫の2階に住める面白そうな物件と
天秤にかけて選んだ、地域最安の借家に暮らしています。
さすがに地域最安といいましょうか。
横殴りの雨に耐えきれず、夜半から雨漏りがありました。
滴り落ちる下にバケツをセットして寝直したのですが、
今朝起きてみるとまったく貯まっていません。
注意深く見てみても、別の場所が濡れている気配は無し。
???

屋根の隙間から板を張った天井に落ちる水滴の量を10とすると、
その天井から染みだした一カ所から落ちる水滴は1。
残り9の行方にどんなマジックが?と不思議に思ったのですが、
その秘密は天井に張った無垢の板、この建材にありそうです。
この建物は昔ながらのつくりなので、木の呼吸を阻害する
表面加工されたプリント合板やビニールクロスを天井板に使っていません。
築40年を越えていても、建材の調湿作用が生きているんですね。
水を吸えるだけ吸ってしまうことができるのです。
もし畳に水滴が落下したとしても、少量なら畳自体が吸ってしまいます。
ウレタン塗装のフローリングではこうはいきません。
そして部屋に風を入れて通せば、やがて乾いてしまう。

人の仕事というのは、完璧にできるものではありません。
また、年月で衰え変質していくものもあります。
人の知恵で計りきれないものを助けてくれるのは、
結局、自然が貸してくれる力なのかもしれません。

風で真壁づくりの古い木造の建物が、ぐいぐいとしなって揺れています。
大きな風の塊を腹に受けると、震度2くらいの揺れを感じます。
でも、不思議と家が倒れそうという恐ろしさはないんですね。
竹が風を受けてしなるように、力を受け流して
しのいでいるようなイメージが湧きます。
かつて、いろいろなところでキャンプをしたり、夜を過ごしてきました。
小さな揺れくらいなら、見方を変えれば、夜行列車、
あるいはバスの車中で眠っている感覚かもしれません。

新建材を使わない、昔の当たりまえの造りかたの家。
自分の家を造るなら、こういう家でもいいかな。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-10-08 11:50 | 日々の泡
森をゆく
f0098542_21252428.jpg


大運動会とれなかった…。
一般発売は一瞬で完売だったみたいね。
オカロ兄貴の全力疾走と、たかみなの
豪快な滑りが見たかったなあ(決めつけ)


ところで、先日近所の森と湿地を散策しました。
自然が自然であるために調整をしている
レンジャー的なガイドさんを交えての簡単な清掃活動も。

暮らしを形作るのは、身近にある周りのものです。
絶えず押し寄せる開発計画に晒されながら、
すぐそばに残った貴重な自然環境もそのひとつ。
なくなってしまえば、ひとつ色を失った
味気ない日々になってしまうかもしれません。
地域に暮らす生き物の一員として、身近にあるものと
強く意識して関わっていたいと改めて思いました。

みなさんの暮らしを形作る周りのものたちは
どんなものたちですか?
ここは、こんな森が近くにあるところです。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-10-05 21:46 | 日々の泡
Web Comic第21回
f0098542_13222362.jpg


リブレ出版さんの雑誌『クロフネZERO』Webにて
Web Comic 第21回が掲載されています。
今回のキーワードは、タイムリーな「引っ越し」!?
というか、そのまんまですね。
ともあれ、詳しい顛末は以下のリンクからどうぞ…!

リブレ出版『クロフネZERO』Webこちらをどうぞ。
f0098542_2127490.gif


写真は作中にも出演(?)している諸磯埼灯台。
なにやら敬愛する画家、野又穫氏の造形を思い起こさせる
素敵な灯台です。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-10-03 13:23


暮らし・まんがの、その周り。
by ushio_mizta
CWH?

『CWH@WEBlog :)』は海の近くで売れない漫画をのろのろ描いて暮らしている男ミヅタウシオの私的なブログです。

シンプルマインド、
スローダウンライフ。

ビーチグラスのような、角が取れて少しくすんだ日々のかけらたちを集めながら暮らしています。


CLOCKWORK HEARTS
publishing

『CWH=CLOCKWORK HEARTS (Publishing)』は自費出版のための小さな個人レーベル。オンラインカタログもご覧ください。

自費出版は
こちら2つのストアで




Amazon.co.jpロゴ



ご意見・ご要望はこちら

[web clap]
Send Message)


2011(C) Ushio Mizta
All rights reserved.


点取り占いブログパーツ
カテゴリ
全体
お知らせ
オンラインカタログ
日々の泡
自転車生活
海を見に行く
お気に入り
WANTED!! ※ 探してます
句遊び
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧