<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ドーナツ!
「はらドーナッツ」というドーナツチェーン店が
近所にできたので、覗いてみました。

この「はらドーナッツ」。「安心おやつ」を標榜していて、
国産小麦粉使用、全粒粉配合、無調整豆乳、おから使用、
アルミニウムフリーのベーキングパウダー使用…などなど
8つのこだわりを掲げているようです。
しかし、お題目はともかく、問題は味です。
さっそく幾つかの種類をいただいてみました。

うん、好みの触感です。美味しい。
ほどよく重みのある生地が、適度にお腹にたまります。
まさに「おやつ」というような、
どこか遠い思い出の懐かしさをくすぐるような味。
あまり見かけない赤パプリカのドーナツも美味でした。

ただし、生地の特性のせいか、揚げ油の加減のせいか、
少し余分に油を吸ってそうな感じなので、
トーストしてからいただくのがいいのかも。

ドーナツといえば、ジャンクなミスド、
行列の絶えないアメリカンなクリスピークリームと
ドーナツプラントなどが思い当たりますが、
自分は今日から、断然「はら」派を名乗ります!

ドーナツの、あの丸い輪っかの形が
なんだか憎めないんですよね。
たぶん主食にはなれないところも、
「おやつ」らしくて好きな存在です。

もしご近所に「はらドーナッツ」があれば、
おやつにおひとついかがですか?

はらドーナッツのWebはこちら
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-30 20:38 | 日々の泡
やはり顔が見えるものを
f0098542_231118.jpg


直売所を設けている地元の農家さんに、
野菜の直配をお願いすることがあります。
だいたい手間賃込み1000円前後で週一回、
自家製の無農薬野菜を7、8種類。
色とりどりの季節野菜を届けてくれます。

直配をはじめると、自動的に野菜中心の生活になります。
続けていると、健康的に痩せている実感もあり、
週一回のその日が待ち遠しく、楽しくなりました。
しかし、季節の変わり目で、直配がお休みになったときから、
リズムが崩れてしまいます。そしてまた元通り…?

そのサービスをしてくれる農家はふたつあって、
ふたつめをこの前試してみました。
「根菜類以外、葉もの多めに」という
リクエストにも的確に応えてくれて、
今までお願いしていた農家さんと甲乙点けがたく。
どちらにお願いしようか、目下迷い中。
これは、ちょっと贅沢な悩みかもしれません。

北海道からの刺客、その後ですが、
じゃがいもは片付けることができました。
たまねぎは目下華麗にカレーに変身中。
不思議なことに、圧力鍋で溶かして甘いカレーにすると
たまねぎをちっとも飽きずにいただけます。
ということで、明日も野菜のカレー。
スパイスで身体を温めて、寒い夜を乗り切ります。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-27 23:02 | 日々の泡
もしそう望むなら
f0098542_23401699.jpg


"if you want it"というコピーを見ると、
ジョンとヨーコが掲げていた、
あまりに有名すぎるボードを思い出します。

いつ以来のことだったかな?って
すぐに思い出すのもできないくらい、
曖昧にブリッツだかゼップの会場だか、
このファンのノリはしんどいな、
もういいかな、そう思って以来だから、
ずいぶん経ってしまっていると思う。
こうして思い出せないままでも、
詳しく調べようとは思わないくらい、
遠い思い出になってしまっていたもの。

ものすごく久しぶりに見た坂本真綾は、
豆粒にしか見えない距離で、しかも、
彼女の背後、階段下横の左右ライトが、
2階スタンドの斜度と同じになるとんでもない逆光で、
だから、豆粒じゃなくて、ときどき真っ黒の
芥子粒くらいのときもあったけど、
その場で語りかけてくる真綾は、
二本足で仁王立ちしてみせた真綾は、
やっぱり、2階席を駆け上がって
空へ突き抜けるような声の持ち主でした。

自分的には、『Lucy』の頃にピークを迎えて、
『少年アリス』からしばらく飛んでしまった
坂本真綾と菅野よう子の音楽だったけど、
あの頃の、長いスカートを引きずって、
膜と気を張っていた真綾も、飾りに頼らない
茶目っ気のある、いい大人になっていて。
そんな再会がとても嬉しくて。

人の言葉をたどたどしく歌っていた高校生が、
自分の言葉に換えて5000人のホールを満たして。
その言葉の連なりが、聴きたい歌になって。
それを聴ける幸せに震えました。

悲痛な『雨が降る』、慈愛の『指輪』、
祈りの『tune the rainbow』解放の『光あれ』、
そして、かぜよみの旗をなびかせた『風が吹く日』。
スクリーン映った"if you want it"は、
自分にはその歌への回答に思えました。
そして、彼女の戦いは"war is over"終わった。
だから、表情は遠く見えない距離だったけど、
笑顔も泣き顔も、とびきりの良い顔だったと
信じています。

昔は、『約束はいらない』で何度も問いかけられる
「ねえ?」というたったふたつの音の影に、
芯の残る拒絶の硬さを感じていたっけ。
今回はとても優しく聞こえて、
それがたまらないほど素敵で、
もう一度恋に落ちました。

誘ってくれた友人にありがとう。
いろいろな優しさに触れた日でした。

「もしそう望むなら」
いつも心に置きたい問いかけです。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-25 23:42 | 日々の泡
Web Comic 第13回掲載!
f0098542_15105871.jpg


こちらは打ち合わせブースX。通称:カンヅメ部屋!
本来の目的以外であまり使われないこと祈る…。

リブレ出版さんの雑誌『クロフネZERO』Webにて
Web Comic『灯台奇譚』第13回が掲載されました。
今回は、新春特大号と称した特盛り増ページ!
投稿名:ゆずぽんさんの「拍手リクエスト」により、
アポなしで突撃してきました!!

内容は、内部抵抗あり!モザイクあり!
中途半端に似せた編集長たちの似顔絵あり!の、問題企画。
再三にわたるセリフネームの修正も、
あったとか、なかったとか!?
なかったですけどね。
くわしくは以下のリンクからどうぞ。

リブレ出版『クロフネZERO』はこちらf0098542_2127490.gif


感想・要望・取材先の希望などがありましたら、
このサイト右欄の「拍手フォーム」経由で
お気軽にお寄せください。
投稿してくださったゆずぽんさん、
ほんとうにありがとうございました!

ということで、今年もどうぞ
Web Comic『灯台奇譚』をよろしくお願いします。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-24 23:05 | お知らせ
北へ
f0098542_23574427.jpg


敬愛するスティーブ・ジョブス曰く

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、
今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」
それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、
そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。
原稿中に。


最後の付け足しは嘘ですが、何かを変えるために
北へひとり旅をしてきました。この話題は後日に 。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-22 00:14 | 日々の泡
大きなお風呂
f0098542_12355453.jpg


ミヅタの住む家の風呂場には浴槽がありません。
数年前に引っ越してきてしばらくのちに、
粗大ゴミに出してしまいました。
手足を存分に伸ばせない小さな浴槽のある風呂場より、
広々としたシャワー室のほうが、
ぜんぜん気持ちいいと思ったからです。
それ以来、夏場は水シャワーを日に何度か、
冬場は、足湯をしながら熱いシャワーで
汗を流す生活で満足しています。

だけど、溜まった疲れを解放したいときは、
やはり大きな湯船にざんばりと沈んで、
ゆるゆると身体をほぐしたいもの。
そんなときは、駅前の軟水銭湯へ行くか、
電車でひと駅ふた駅のレトロ銭湯へ行きます。
今回、もうひとつ選択肢を増やそうと、
ちょっと贅沢をしてみることにしました。

その値段から今まで敬遠してきましたが、
実は、自宅から自転車で行ける近さの鎌倉に
小さな温泉入浴施設「稲村ガ崎温泉」があります。
ここにはじめて行ってみました。

お湯は関東都市部にあるような珈琲色の黒湯。
肌がつるすべになる湯上がり感が悪くありません。
源泉が冷泉だからでしょうか、サウナの水風呂は
新鮮なお湯のようです。洗い場の蛇口からも
その黒湯が出るところが気に入りました。
浴室の造りも安っぽくなく、空しか見えない露天風呂も、
ぼんやりと眺めているだけで案外に見飽きません。
自分はちょうど夕方に行ったので、
夕陽を受けて色を変えながら流れていく雲や、
はるか高く遠くを音もなく飛ぶ飛行機を見て温まりました。

そして、禁煙・18禁の施設なので、静かで気分がいいです。
小さい施設なので、湯上がりの休憩場所がありませんが、
レシート提示で割引になる敷地隣のレストランで
景色を楽しみながらご飯やお茶をするのがいいのでしょう。

「歩いていく近い銭湯」「電車で行く遠くの安い温泉」
という選択肢に、「高いけど自転車で行ける温泉」が加わりました。
大きなお風呂って本当にいいですよね。
「稲村ガ崎温泉」も、生活のアクセントとして重宝しそうです。

ちなみに、鎌倉にある銭湯「清水湯」もレトロでおすすめ。
観光のついでに、お湯をいただいて帰るというのはどうでしょう?
歩き疲れた身体にきっと気持ちいいですよ。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-14 12:39
冬の本の一部公開と、AKB48について
冬の本においてAKB48に触れましたが、
拍手にて「楽しむにあたって参考になる資料は?」
という問い合わせをいただいたので、
AKB48関連の購読しているブログを幾つかご紹介します。

アイドル破産!!
ハマり方や視線がかなり近い気がします。
端々に表われた萌え方の沸騰感?にも共感。
読み物として、とてもスリリングです。
NEM 2 SAN
こちらもセットで。軽妙な文に何度吹き出したことか。
YOUNG GIRL 17 SEXUALLY KNOWING - NEM 2 SAN
ここの記事、そのまんま自分の感想と同じです。


【考察系】
よしなが的AKB48考察
AKB48実験室
深読み、裏読みこそが行間のある物語の楽しみ方の王道。
チームBのファンより
チームBに特化したサイト。恐るべき更新頻度で見る温故知新。


【レポート系】
AKB48@メモリスト メンバー観察日記
3年たらずで地層の様相を呈す恐るべきアーカイブス。
墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」
A Satyr and the 16 Kittens
歯切れのいい言葉で頷かせる考察も多い、勉強になるサイト。
個人的にはレポート系と分類。


【ファンブログ系】
☆HAPPY END OF THE WORLD☆*~*☆
チームK秋元才加ファンブログ。
アイドルだって恋をする
チームK大島優子ファンブログ。
高橋みなみチャンを応援するんだってばよ!!
チームA高橋みなみファンブログ。
愛あるユーモアと下ネタ。正統的?アイドルブログ。
cinderella story 〜浦野一美ファンブログ〜
チームB浦野一美ファンブログ。


【ニュース系】
48WATCH
ニュースヘッドラインはこちらで。
~AKB48 TOKYO DOME までの軌跡~
めまぐるしく動くAKB48情報の源流。公式ブログ。


…などなど、いろいろな人の見方と自分の楽しみ方を
比べたり重ねあわせたりしながら楽しんでいます。

ミヅタの楽しみ方の一例はこちらの冬の本の一部を参考にどうぞ。(約810KB)
深読みが三回転半くらいして、妄想ギャグまんがのネタに
なってるような特殊な感じかもしれませんが…(笑)
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-09 00:44 | お知らせ
もうひとつの、はじまり
f0098542_23524525.jpg


ひとつ歳を重ねました。

もともと老け顔だったこともあり、
なおかつ、鏡越しに見慣れた自分自身としては、
5年前、10年前との変化の差を
それほど感じていないのですが、
久しぶりの人の会うと「角が取れてきた?」
と言われることが多くなりました。

なにより、いろいろな言葉を必要なものとして
素直に受け取れるようになったこと。
これこそが、変化を裏付ける確かな証しなのかもしれません。
こうして、考える生き物として、
ゆっくりと深化を重ねられている気もします。

あ、でも「角が取れてきた」は、
「体型が丸くなってきた」ということを
婉曲に言っているだけなのかも…(笑)
今年の抱負にもうひとつ、「痩せる」を
加えておいたほうがいいのかも?

新しい年の次に、新しい歳のはじまりも迎えました。
あらためて、本年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-05 23:55 | 日々の泡
今年の展望!?
f0098542_22564794.jpg


そうそう、お参りに行って引いたおみくじ、
今年の運勢は「小吉」でした。

…普通過ぎる。
けれど、書いてあることはなかなかに興味深く…。

【待ち人】来ず おとずれあり(どっち!?)
【旅行】さわりなし よろし(今年も灯台へ行く!)
【商売】利益あれど少なし(うん、いつもと同じね)
【恋愛】未来に幸福あり(…希望が持て…る?)
【転居】よろし 東が吉(ここより東だと三浦半島か房総ね)
【病気】心を強くもてばなおる(病は気から?)

時期を考えて、はやくあらため、進むがよい。
人と人と、互いに力をあわせてすれば、よきときあり。
けれど、わるいことと知りつつ進めばわるし。注意せよ。

(以上おみくじより一部抜粋)

なるほどー!(膝を何度も打つ)
少なからず背中を押してくれる部分もあり。
謹んで承りさぶらふ…。
それにしても、おみくじは100円で楽しめる
偉大なエンターテイメントですね。

皆さんのおみくじは、いかがでしたか?
[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-04 22:57 | 日々の泡
明けて
f0098542_1935132.jpg


新年あけまして、おめでとうございます。

今年の初日の出も二宮の吾妻山公園で迎えました。
駅から近く、ごく軽い山登りも楽しめる
見晴らしのすっきりとしたお気に入りの公園です。

この時期は菜の花が咲き揃っていて、
初日の出を拝んで振り返れば、
菜の花越しに白化粧の富士が美しい
高台ならではの風景を堪能することができます。
相模湾沿いにお住まいの方へ、
ちょっとしたおすすめの公園です。

日の出を境に、厳しかった夜の冷たい空気が、
みるみるほどかれて、緩んでいくのが肌でわかります。
世界が陽の光で塗り替えられていきます。
その白い光を浴びていると、生き物としての命に
あかあかとした火が入るような気がします。
意識ではなく、身体が目覚める感じ。
だからでしょうか、夕日より朝日が断然好きです。

下山時に山腹の神社へお礼参りも忘れずに。
そして今年の誓いごともしてきました。
振る舞いの甘酒をいただいて、薪で温まってから帰途へ。
この平和なひとときだけは、いつまでも変わらない
恒例の行事でありたいものです。

ようこそ2009年!
自分にとっても、そして皆さまにとっても
有意義な年になりますように。
本年もミヅタとその活動にどうぞお付き合いください。

ミヅタウシオ

f0098542_19355014.jpg

[PR]
by ushio_mizta | 2009-01-03 19:45 | 日々の泡


暮らし・まんがの、その周り。
by ushio_mizta
CWH?

『CWH@WEBlog :)』は海の近くで売れない漫画をのろのろ描いて暮らしている男ミヅタウシオの私的なブログです。

シンプルマインド、
スローダウンライフ。

ビーチグラスのような、角が取れて少しくすんだ日々のかけらたちを集めながら暮らしています。


CLOCKWORK HEARTS
publishing

『CWH=CLOCKWORK HEARTS (Publishing)』は自費出版のための小さな個人レーベル。オンラインカタログもご覧ください。

自費出版は
こちら2つのストアで




Amazon.co.jpロゴ



ご意見・ご要望はこちら

[web clap]
Send Message)


2011(C) Ushio Mizta
All rights reserved.


点取り占いブログパーツ
カテゴリ
全体
お知らせ
オンラインカタログ
日々の泡
自転車生活
海を見に行く
お気に入り
WANTED!! ※ 探してます
句遊び
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧